No-body's escape

首だけの「わたし」と《司書》のぶらり逃避行。

4 9

SF 休載中
13分 (7,620文字)

あらすじ

現人類最後の日。それは案の定あっさり訪れた、らしい。人類のいなくなった「再誕日」のあと。 首から上だけの「わたし」と、人間じゃない《司書》。かつて合衆国と呼ばれた大地の一端、テキサスの広大な荒れ地を

感想・レビュー 1

あーもう、6ページの時点で面白いのが腹たつな。ちくせう

その他情報

公開日 2018/1/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

永遠の涙

SF 完結 過激表現
12分 (6,882文字)
もっと見る