最初に出会ったのが運命というなら

僕の相棒は恋をしている。相手は絶対に手に入らない人なのに――。

87 195

BL 完結 過激表現
54分 (32,037文字)
視点がコロコロ変わります。どちらも僕なので読みにくいかもしれません

あらすじ

ずっと避けていた祖母が死んだ夜、彩は夢を見た。 大好きな双子の相棒が自分を求める浅ましい夢を。 祖母が死んだ時、最後はこんな小さな箱に入るのなら、やりたいことをやろうと雅は思った。  祖母の死を境

この作品に含まれるキーワード

感想・レビュー 2

「パーティ」編、拝見しました。大人になって、権力と金を手にした優一朗が出てきて、ちょっとびっくりしました。彩のことを枕営業でもしてるんじゃないの、と言った女優・リカコが、ラストのほうで優一朗にスルーさ
更新お疲れ様です~ 本来ならひとつだったと言う雅と、別々に生まれてきてよかったと言う彩。 そうでなければ、愛しあえないので、私も彩の意見に賛成です! らぶらぶで甘いまま、ラストまで行ってほしいです。

その他情報

公開日 2018/2/25

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る