「廃屋探偵」

探偵を引退し、海辺の廃屋倉庫で暮らす元探偵に、自身の過去の闇にまつわる調査依頼が

乙骨英世

56分 (33,125文字)
探偵を引退し、海辺の廃屋の倉庫で暮らす元探偵のところに、自身の過去の闇にまつわる事件調査依頼が。ハードボイルドミステリ。

114 3,423

あらすじ

探偵を引退し、海辺の廃屋の倉庫で暮らす元探偵のところに、自身の過去の闇にまつわる事件調査依頼が。 ハードボイルドミステリ。

シリーズタグ

感想・レビュー 2

レビュー失礼いたします。 拝読させていただきました。 作者様の、小物やお酒を用いたセンスが光ります。 極度の男くささと言うよりも、上質なハードボイルドテイストであり話の展開は読む者を引き込んでいきます
1件1件
 まずは独特の世界観に惹かれました。  日本でありながら、古き良きアメリカ映画のような雰囲気。廃屋同然の倉庫で暮らす元探偵は波の音で眼を覚ます日々。  そんな彼のもとにかつての因縁ある事件が持ち込まれ
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る