特集

鷹空に風の王

褐色の族長と隣国の王女の物語

蓮田いのり

4時間11分 (150,594文字)
番外編をゆっくりと執筆中です。

479 1,261

あらすじ

――ヴィグリド大陸にある大国アドニスの王女カルミアは、夢を見た。風が吹きすさぶ遥かな草原にいたのは、鷹を自在に操る漆黒の男。男は聞き慣れない言葉で言った。「お前に捧げよう」と。 カルミアは、国の内紛

感想・レビュー 1

とても良いお話で、早く先を読みたくなる感じで一気読みしてしまいました。誤字脱字はなかったのですが、文字化け?してる部分がありました。「?」になってるところは「頬」だと理解したのですが… 多分、3、4か
3件5件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る