推しは宇宙人じゃありません ~アスペルガーと診断された夫と、手をつないで生きてく私の話~

アスペ? そんなこと言われたって、私の大事な夫くんは夫くんのまま。

nagineco

43分 (25,711文字)
自分のために、書き始めます。でも、この言葉が遠く誰かの元に届き、力になることがあればこれ以上嬉しいことはありません。

89 274

あらすじ

このほど“推し”が、ASD(自閉症スペクトラム障害/アスペルガー症候群)と診断されました。 推しっていうのは夫くんのことです。 そう、私は端的に言って夫くんが大好き。 夫婦ですから。 でも、物の本

感想・レビュー 3

一気に読んでしまいました 旦那さんを愛する気持ち、揺れ動く心の内など、テンポよく綴られていて読みやすいだけではなく、あちこちに共感しちゃいました 私の娘もADHDとわかったばかりで、日々、葛藤してま
はじめまして(*^^*)NOVと申します。 うちの夫と息子もアスペで、作品をいくつか公開もしています。 旦那様への愛…素晴らしい((T_T)) そして、きっと旦那様は素敵な方なんですね。 息子を、
1件
アスペルガーを特別な物ではなくてたまたまそうだった。というスタンスで受け止める文章がとても読みやすいです。 受け止める人次第でこんなにも違ってくるんだな!と思わされます。 夫さんへの愛も伝わってき
1件1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/3/19