受賞

雪兎~太陽の下僕~

ファンタジー「VS.」佳作に選ばれました。雪と陽と火が織りなす和風ファンタジー。

16 332

24分 (14,289文字)
ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「VS.」佳作に選ばれました。忍者ものっぽいの和ファンタジーです。

あらすじ

雪は、怖い。光も音も、人の命も何もかも吸い取ってしまいそうで……。夜の闇より、ずっと怖い──。 とある里に流れ着いた素性不明の幼子は、元来持つ薬と草の知識により、薬師として里に置かれる事となった。里の

感想・レビュー 2

感動の和風ファンタジー時代劇!!!

お姫様の陽(ひなた)様と、それを守る女忍者の狐(きつね)、そこに現れた薬師の兎(うさぎ)。 三人の物語は静かに進行し、そしてクライマックスの旅のシーンになります。 兎がどうしてこの地に来たのか。そして

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る