快楽に溺れ、過ちを繰り返す生命体

32 117

ミステリー 完結 過激表現
11時間22分 (409,101文字)
主人公、古賀亮輔の数奇な半生を描いた作品です

あらすじ

主人公 古賀亮輔 母子家庭で育ち、母親千尋の性処理の道具として日夜肌を合わせている。その後は兄の裏切りにより、住む場所を無くしホームレス状態に陥る。 セレブ相手のレンタル会員として身体を売り、バイセク

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/4/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る