14分 (7,996文字)

7 832

あらすじ

釜焚きの五右衛門風呂のつくも神は、ある一家をずーっと見守っている。 御門一家は今回出ないけれど、彼らと親交のある文緒先生/_ilst_view?w=24615810と、以前シリーズ「朴念仁

感想・レビュー 1

この度は妄想コンテストおめでとうございます! いやぁ、まさに身も心もぽかぽかと温かくなる大変素敵な受賞作品ですねぇ! 何より、お風呂の神様の語り口が実に軽妙でリズミカルで物凄く心地好いです! いや
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る