幸運の猫

俺の寂しさを晴らしてくれたのが、近所にいた野良猫だった。

3 27

5分 (2,503文字)

あらすじ

主人公の宮倉翔太郎はあることがきっかけで、小さな頃から猫が好きだった。 大人になっても冴えないし、年齢イコール彼女がいない彼の目の前に現れたのは、野良猫の三毛猫だった。 彼はその猫と出会い、人生を

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

猫、僕も好きなんですよね。 素敵な話に触発されて、僕も猫の話を書きたくなってしまいましたw

その他情報

公開日 2018/4/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る