桜伐るバカ~この木だけは助けたい

ダムに沈んでしまう村にある桜の木を、助けたいと戦った人たちがいた

23 2,594

6分 (3,405文字)
表紙画像は、Qurren Takenさん撮影(Wikipediaより)

あらすじ

岐阜県の山あいにある村が、ダムの建設によって水没しようとしていた。 電気会社のおじさんは、村にある大きな桜を見て、これを助けたいと、活動を開始した。 しかし、デリケートな桜の木を、助けることはできるの

タグ

感想・レビュー 3

ダムに沈む村、そこに住んでいた人々のために この桜を残したい――そう思う人々の心は、 桜にも届いたのでしょう…… そこに根付いている木を移動する事は、とても難しいそうです。 何年もかけ、根切りをし根
お話の中に引き込まれるような、優しい語り口でとても心が温かくなりました。おじさんは桜を救うことができるのかハラハラします。桜の精の視点で語られる時間軸が物語に深みを与えていて、不思議な雰囲気が漂う良作
まるで、本当に声が聞こえてくるような……また、情景が自然と流れ込んでくるような、とても不思議な感覚になりました! 本当に、ぐっとくるセカイをありがとうございました!!

その他情報

公開日 2018/4/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る