足あとを追い追われ

かつて姥捨山と呼ばれた山の中で起こる恐怖

白馬守

ホラー 完結
5分 (2,545文字)
第141回超・妄想コンテスト「足あと」参加作品です。

24 3,777

あらすじ

 市役所の福祉課に勤める主人公は、久しぶりの休みに山に紅葉狩りに出かけた。  ところが帰り道に迷ってしまった。この山はかつては姥捨山などと言われていて、恐怖もあったがどうすることも出来ずに途方に暮れて

タグ

感想・レビュー 1

心あたたまる結末の怪談!

 あたたかいヒューマン小説で知られる白馬守さんが今回は怪談に挑戦しました。  冬こそ、怪談を読むのにふさわしいという意見もあります。  短くてネタバレになるため、詳しいことが書けないのが残念ですが、怪
1件