14 50

1時間41分 (60,258文字)
花にまつわる問題を抱えた人と花を主食とする主人公のお話です

あらすじ

花屋を1人で経営するミサキの前に突然現れた男、アソラ。 空腹のあまり行き倒れた彼は普通の食事を拒み、商品の切り花に手を伸ばすと口に運ぶ。 「このバラ、肉厚で美味しい」 花を主食として生きるアソラは商品

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る