恋愛 完結
15分 (8,484文字)

30 65

あらすじ

所属したゼミの准教授、早乙女先生は、30を越えてもいまだに彼女がいたことがないように見えた。 けれど私は先生の、妻子の存在を知ってしまう。 「……妻は僕にはもったいない人です」 妻、そう呼ぶとき

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

早乙女先生に恋い焦がれ思いが繋がる、、、妄想から始まってハッピーエンディングで妄想を閉めて小説化。 面白い発想。 妄想の中の先生とは思いが繋がって不倫の匂い、小説を読んだ先生が現実と錯覚してドギマギ(
1件1件

この作者の作品

もっと見る