赤い刀と怨嗟の声

神隠し、刀、糸、神社……点の要素が1つに繋がる時、怪奇が起きる

7 59

1時間15分 (44,906文字)
毎日少しずつ追加し、完結しました

あらすじ

剣道部に所属する高橋直哉はある日、幼馴染の泉彩香から行方不明事件が起きている話を聞く。 失踪事件ではなくなぜか神隠しと主張され、それを裏付けるための調査を行う。 自分には全く関係ない話し、興味もないと

読者の感情

その他のキーワード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/7/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る