終わりを迎える日 ー源頼朝に師父と呼ばれた男

源頼朝に「師父」と呼ばれた男の物語

渚乃雫@新作はじめました〜

歴史・時代 休載中
34分 (20,071文字)
転生なし、チートなし。ただ、ただ歴史小説。言葉は現代なので読みやすいかと思います。

8 27

あらすじ

鎌倉幕府設立者、源頼朝に「師父」と呼ばれた「千葉常胤」 時は1180年 平清盛により伊豆に流されていた源頼朝。 34歳で挙兵するも、石橋山(神奈川県小田原市)での戦いで平氏に敗れ、命からがら安房国に逃

感想・レビュー 1

終わりを迎える日 ー源頼朝に師父と呼ばれた男 転生もチートと、タイムスリップも何もありません。 が、ただ、ただ、歴史小説であります。  鎌倉幕府設立に尽力し、源頼朝公に、「父とも思うぞ」と呼ばれ

この作者の作品

もっと見る