武田という男

好奇心から、奇妙な世界へと迷いこんでいく男……。

板倉恭司

10分 (5,573文字)

5 7

あらすじ

 寂れた町・霧野町に越して来た飯嶋孝之。彼はある日、奇妙な落書きを発見する。そこに書かれていた人物が、飯嶋は気になって仕方ない。

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る