煙草の煙がしみたのさ

男は多くを語らない。察するのさ。

日澱樹

2分 (1,116文字)
ドライブ 腕時計 横浜 三つのお題をいただき書きました。

1 1

あらすじ

一仕事終えた男が、ふいに過去を思い出して、思い出の地にふらりと行く話。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る