センスイカン:ユク

幼い日に別れた友達、センスイカン、この都市の真実。

18 527

SF 完結
3分 (1,784文字)
日常、いま裏返る。

あらすじ

幼馴染の彼女は、ある日、姿を消した。そしていま、目の前に居る彼女により、その真実が語られる。行方知れずの友人、センスイカン、この都市の真の姿。ありきたりな日常は、そして、揺らぎ始める。

読者の感情

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

内面の詩 不思議な言葉

 わたし、こういうお話、好きです。  Finの前あたりの不思議さが特に。  意味が分かるような、分からないような……。  もしかすると、あえてぼかしているのかもしれませんけれど。

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/7/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る