上弦

満月の下で鬼と出逢った。祓い損ねた鬼の実は、美しい少年だった。

きつね

4分 (1,863文字)
妄想コンテスト「真夜中」参加作品

3 14

あらすじ

上弦の下、少年がわたしの髪に触れる。 満ちゆく月。 わたしはかれがすきだ。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る