アマツチの神喰らい(上)

惑星アマツチを襲った超巨大寒波から五百余年。人類は巨大な地下空間を建設していた。

3 6

SF 完結 過激表現
4時間5分 (146,917文字)
作品の構成上、行間を詰めてアップしています。非常に読みづらいとは思いますが、ご了承下さい。

あらすじ

およそ五百年前、突如として惑星アマツチを襲った超巨大寒波は、瞬く間に世界を覆い尽くした。硫化水素を主とする有害な雲の下、生命は住む場所を奪われ次々に死滅していった。わずかに残された人間達は地下へと避難

タグ

シリーズタグ

目次 7エピソード

もっと見る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/3/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る