青いバラ→赤いバラ

花屋の隅にある、とあるお客さんのためだけに用意された青いバラ

indi子(金色魚々子)

9分 (5,332文字)
三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第83回「青」参加したつもりがノミネートできてませんでした_:(´?`」 ∠):

7 13

あらすじ

実家の花屋手伝いをしている「私」は、店番をしていたある日青いバラを買い求めるお客さんに出会う。彼がそんな色の花を買おうとしているのは事情があって…… 表紙画像:GAHAG様

感想・レビュー 1

とてもとても心に響きました!! 小さいころに読んだ?青い鳥を思い出しました。 花言葉と本数までは知ってましたが、108本は知らなかったです!!
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る