私と玉彦の正武家奇譚

鈴白村の正武家様のお役目は尽きることなく続いてゆく。

494 1.8万

9時間16分 (333,440文字)
各話オムニバス形式となっており今作からでもお読みいただけますが、シリーズ初作からお読みいただけると一層楽しめます。

あらすじ

『私と玉彦の暗闇の惨禍、或いは讃歌』/_novel_view?w=25138244の続編となります。 鈴白村にある不可思議な事案を払い鎮めることを家業とする名家『正武家』。 これ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る