受賞

座敷童子

「座敷童子」と呼ばれるモノたちは,現代でも存在する…

122 1,603

ホラー 完結
1時間22分 (48,687文字)

あらすじ

座敷童子を「福の神」のように崇める人間の愚かさと身勝手さ。 「座敷童子」とは,口減らしのために間引かれ殺された子供や,十分な食べ物がなく餓死した子供たちの怨霊であり,恨み辛みはあっても「福の神」の要

目次 5エピソード

感想・レビュー 2

良かったです。 期待どおりの面白さ。 怖さが少しずつ加速して、不気味さを加えながら引き返せなきところまで来た時、一気に登場人物達を恐怖に巻き込んでいく。そのスピードと描写の持つ独特の雰囲気がたまらな
不気味で、怖くて、時に戦慄してしまうほどの描写もあり、でも、考えさせられるような面もあって……なんと表現したらいいのだろう? とにかく、凄い物語だな、と思いました。 バイトのことや警察組織のこともきち

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る