ネズミ色の日々。

人生は、バラ色ではなく、ネズミ色。

14 58

恋愛 完結
1時間5分 (38,943文字)
完結いたしました。最後までお付き合いくださいました皆様、ありがとうございます。

あらすじ

見た目も性格も地味で控えめ。 日々の飯代を稼ぐだけの『貧乏ホステス』と揶揄されるサオリ。 耳が不自由で手話を操る越川に恋をしたことから、ネズミ色一色の日々にバラ色を添えることができると思ったのだけれ

タグ

感想・レビュー 1

良かったです。

ホステスさんの話し?と思いましたが聴覚障害の、お客さん、仲間のホステスさん逹との会話も面白かったです。 最後のママさんの娘さんの登場で納得した部分もありましたがママさんの大きさは謎でした。 また読み返

その他情報

公開日 2018/9/18

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る