きっとどこかにいる君へ

虚しさは病、あるいは、毒。

日澱樹

2分 (1,192文字)

0 1

あらすじ

さよならに理由なんて、実はそんなにないんだよ。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る