センを生きる妖

〜現代と過去をつなぐ物語〜

91 2,230

概要・あらすじ

作者: 花浅葱
2時間23分 (85,436文字)
“人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり” “曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く” “時は今 雨がしたしる 五月かな” “散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花

感想・レビュー 3

掴みがうまい

最初の1ページが非常にうまい。 続きがよみたくなりますね。
1ページ目からインパクト凄すぎて、惹き込まれてしまいました。あの衝撃を上回る出来事とは!?とワクワクしながら読み進めて、連載分読了させて頂きました。 キャラの名前も存在感もありまくりで………。 既に
最初の出だしからぶっ飛ばしてくれています。 思わず、妖もの? だということを忘れてしまいそうです。 最初から取っつきやすいので、気軽に読むことが出来ます。

その他情報

公開日 2018/9/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る