果てしなき宇宙の片隅で 序章 サラマンダー

宇宙の遥か彼方で、未知の生物などが紡ぐおかしな物語

緋熊熊五郎

SF 休載中
1時間7分 (39,729文字)
時震!

37 3,799

あらすじ

遂に火星に到達した人類は、2035年、入植地東カナル市北東35キロの地点で、古代宇宙文明の残滓といえる宇宙船の残骸を発見した。その宇宙船の中から古代の神話、歴史、物語とも判断がつかない断簡を発掘し、そ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品