更生 前科2犯 43歳の高校生

どん底まで落ちた人生も気持ち次第で這い上がることができる。僕も人生のどん底を身をもって経験した。君は決して1人じゃない。

今田のぶよし × 岩崎貴典

1時間37分 (57,879文字)
来春、著者も収容生活を送った『小田原中等少年院』が閉鎖するという。恐怖の小田少、今となっては貴重な体験をしました。

167 440

あらすじ

著者は少年院と刑務所で2回ずつ、計12年6ヵ月を「塀の中」で過ごした。きっかけは小学校の転校先で受けたいじめ。4年生にして「いっぱしのワル」、中学校では迷うことなく「不良」コースへ。 当然授業にはつい

感想・レビュー 3

感動しました。

読み終わってからレビューまで時間がかかってしまい申し訳ありません。 とても読みやすい文章で、今田さんの頭の良さと人の良さが解る素晴らしい作品でした。読み進めて行くうちに今田さんを応援したくなり、最後の
1件
こんばんわぁ☆夜分大変失礼します。 そう、そうなんです。小説の中に書いてあるとおり、若いうちから苦労した分だけ、順風な人生の人より、人の痛みが分かる。そのとおりだと思います。 私は、元彼氏が刑務所に入
今田さん、こんばんわぁ☆ ご丁寧なコメントいただいていたのに、お返信遅くなっちゃいまして、ごめんなさい。 勉強に関しても、努力家で尊敬します。 ((o(^∇^)o))
2件1件

この作者の作品