初めて

昭和十六年、夏。 廣子は休暇中の海軍パイロットの婚約者に逢うため、一人で向かう。

671 1,916

恋愛 完結 過激表現
21分 (12,038文字)
このあと、視点を変えた「さくら、さくら」へ続きます。

あらすじ

昭和十六年、夏。 佐伯 廣子は休暇中の婚約者に呼ばれ、ひとり汽車に乗って、彼の滞在先へ向かう。 突然の見合いの末、あわただしく婚約者となった間宮 義彦中尉は、海軍士官のパイロットである。 実は、彼の見

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る