竜帝愛演義

竜神の使いとして祀られた神姫と竜愛好家な皇子の接吻から始まる中華ファンタジー

58 84

恋愛 完結
3時間5分 (110,450文字)
「やっと、見つけたぞ。我が、半身よ」竜神の使いとして祀られた神姫と竜愛好家な皇子の接吻から始まる物語

あらすじ

竜神の使いと祭られた世間知らずの姫×竜愛好家の武人皇子がおりなす、接吻から始まる中華ファンタジー小説。 竜神の守護を受ける島国――黄寿国。 陸族の姫である刹琳は、竜神の使い《神姫》として里で暮らして

目次 31エピソード

もっと見る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る