運命《さだめ》の子

芸州広島で手習所を営む小夜里は、父のおらぬ息子を女手一つで育てていたが、ある日…

206 506

恋愛 完結 過激表現
36分 (21,062文字)
「運命《さだめ》の夜」の続編で、シリーズ「今宵は遣らずの雨」の第二部です。

あらすじ

婚家から出戻った小夜里は、先立たれた父の「手習所」の跡を継いだ。心の支えは、数え七つになる一人息子の小太郎だ。ただ一度、あの雨の夜に契ったときの子を、小夜里は一人で産んで育てていた。 父親のおらぬ小太

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/12/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る