その目の奥には何がいる

僕はただ、ひたすらに傍観者だった。

38 2,245

1時間17分 (45,813文字)
是非ご一読ください!閲覧、スター返しに訪れます

あらすじ

無機質な毎日は、色に溢れていた。溢れすぎて恐怖さえ覚える程だった。僕は毎日、地に足をつけることだけで精一杯だった。 ジャンル内順位max27位(2019.1.9) 執筆開始 2018.11.19 ☆5

目次 18エピソード

もっと見る

感想・レビュー 5

更新、待っています!
いつか、踊る側に引き込まれるだろうと、勝手に思っていましたが……! とうとう来ましたね
当方、カメラもタバコもやりませんが、いつも楽しみに読んでおります 114ページの「平成」は「平静」のほうがいいと思います、たぶん おせっかいですみません
もっと見る

その他情報

公開日 2018/11/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る