母という名の逝き者は

大嫌いな母が亡くなった。十年ぶりに帰省した私は其処で一冊の日記を手渡された。

16 30

6分 (3,361文字)
短編作品です。

あらすじ

喧嘩ばかりしていた母から逃れるために十八で家を飛び出した娘。 其れ以来母とは音信不通だったが、母の死をきっかけに娘は十年ぶりに実家に帰省する。 其処で手渡された一冊の日記から本当の母を知ることになる。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2018/11/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る