荒寥の家

ほんの小さな疑念が,取り返しのつかない後悔につながってゆく

Gacy

ホラー 完結
14分 (7,877文字)

49 1,282

あらすじ

家族のために一生懸命働く父親が,些細なことから妻を疑い,愛する子供の一言からそれが確信にかわる。 かつて当たり前のようにあった温かい家庭を思いながら,孤独の中で独り寂しく死んだように生きていく男の話。

感想・レビュー 2

仕掛けられたミスリード。 妻は不倫だと疑った自分は心が荒んでるのかと認識させられる最後。 語り部の喪失感の描写がとてもリアルで、現実味がある話で惹き込まれました。
ネタバレあり
1件1件
とてもとても悲しい結末でした。 これからも、一筋の光も見えない後悔の日々が続いていくのです。 一冊の母子手帳。これですべてが明らかになりました。 心の奥までじわっと浸み込むものを感じています。
ネタバレあり
1件1件