淡きあわい 第一章

ごく、ありふれた悲しい話

周 咲千

1時間21分 (48,203文字)
森羅万象万物流転。変わらぬものなど何一つ無く、変わりゆく世界の中で故郷を思い描く。それは幸福だった日々の記憶。

2 24

あらすじ

先に序章をお読み下さい。 Q:何かバトルっぽい事してませんか? A:バトルではなく殺処分なので、バトルでは無いです。虐殺の方が近いですね。 Q:どの辺がミステリー要素何ですか? A:作者はこの作品

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る