大王(おおきみ)に求愛された機織り娘

古代日本 天皇と里娘の切なく甘い恋のお話。

229 420

1時間16分 (45,412文字)
珍しくシリアスなヒストリカルファンタジーです。切ない胸キュンを味わってみてください。

あらすじ

桑の里で門外不出の機織りの技を伝承する娘アヤ 里から技を持ち出さないよう、里長の息子 ハヤ へ嫁ぐ事が幼き頃より決められていた。 しかし、鹿狩り中に雨に降られた香久山大王(かぐやまの おおきみ)が、機

感想・レビュー 1

恋を知らないヒロインをあたたかく見守る大王にキュンとしました。 ほのぼのとしつつ、でも、切なくて、一気に読んでしまいました。 古代日本というあまり見ない時代設定も新鮮でした。

その他情報

公開日 2018/12/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る