魔法のココア

私にはまだ、母の味は使いこなせないらしい

1 17

7分 (3,636文字)
超 妄想コンテスト 92回「ぬくもり」の参加作品です

あらすじ

---------------- ココアが飲みたい。 唐突にそんなことを思った12月も暮れ。私はココアを入れながら、ふと、昔のことを思い出した。 「魔法をかけたんだから」 得意げな母の顔が脳裏に

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/12/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る