ポケットのひときれのパン

大切な命をつなぐパン

あおい 空

3分 (1,661文字)

1 10

あらすじ

おじいさんが置いた道端のパンは、おじいさんの心の温もりだと知っていました

感想・レビュー 2

読ませて頂きました。

考えさせられる話だなと思いました。
1件1件
どんなに暮らしが貧しくとも、分け与えられる物は分け与える。 やさしさを分け与えた人には必ずやさしさが返ってくるのだと感じることができる物語です。 どんなときも思いやりを忘れないで。 やさしいぬくもりを
1件1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/1/10