徒然なるままに

夜に更新します

6 443

11分 (6,298文字)

あらすじ

随筆、日記、さまざまな言い方があると思います。 そういうものを、ただただ徒然なるままに書き綴っていきます。気ままに書きたいのです。言い方は悪いですが、読者の方がどう感じられようと、むしろ誰にも読まれな

タグ

目次 7エピソード

もっと見る

感想・レビュー 3

とても深くて、私が思いつかない角度の視座から物事に切り込まれていて 頭の良い、哲学的な方なのだろうなぁ、と思うような作品でした。 文章はすっきりしているのに、内容が深い。 勉強になりました。
あかつきです お祖父様にそんなことがあったんですね。 それは、突然のお別れでしたね。 毎年チョコを作る時、お祖父様を想うのですね。 私もつい先日、身近な人が亡くなりました。 病気でしたが、まさかこん
とても読みやすい文章で内容がスラスラと入ってきました。 ひとつの出来事を色んな視点から見れる。 それだけでひとつの出来事に深みが増しますよね。

その他情報

公開日 2019/2/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る