押入れを開けたら王女が縛られて転がされていたんだが

王女とループするファンタジー

7 11

24分 (13,860文字)
気づいた時にはもう巻き込まれてた。

あらすじ

 大学四年生の夏。幼なじみのサークル仲間といつも通りの日常を過ごした俺が家に帰ると、何故か押し入れから音とか声が聞こえる。不審に思いつつも開けてみると、そこには拘束された異世界の王女様が転がっていて―

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/2/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る