三途の森

中二病の頃、妄想を物語として書いてみたら面白かった。その中の1つです。

E´zSHOW

ファンタジー 休載中
3分 (1,528文字)

0 16

あらすじ

私は幼い頃に、深い深い巨大な夜の森に迷ったことがある。 そこには骨になった人や、体から血を流した人達が死体となって歩いていた。 私はずっとそこで1人泣いていたの。 「ぐすっ……うぇぇ……」 そ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません