夜の猫

僕は、あなたの猫になります…冷血非道な闇金社長と、青い瞳の青年の物語。

172 446

BL 完結 過激表現
25分 (14,717文字)
2019.3.20 まさかのジャンル内42位に驚いております。たくさんの方に読んでいただき、嬉しいです(*≧∀≦*)

あらすじ

闇金社長である笹塚 樒(ささつか しきみ)の前に現れた、青い目の青年。その青年が身体を差し出したのには、ある理由があった———。 暴力、性的に過激な表現があるので、苦手な人は回避してください。 表

目次 17エピソード

もっと見る

感想・レビュー 2

ラストシーンが良いです(^^)

 早速、一番頁数の少ない本作から拝読させて頂きました。  冒頭から惹き込まれ、一気読みしました。それは、端的な文章、展開の明確さが故だと思いました。  そして、まさかまさかのラストシーンにマオのしたた

BL小説をはじめて読みました。

BLと掲げつつも、導入部で少女を凌辱するシーンをぶち込む発想力に非凡さを感じました。 短編で起承転結をきっちりと踏んでらっしゃるので、読みやすいです。 あとがきに、ルールを設けて執筆した、とありました

その他情報

公開日 2019/3/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る