もう一度、落下。

エレベーターに閉じ込められた崇。その時起きていた、恐るべき事態とは。

はじめアキラ

ホラー 完結
3時間18分 (118,626文字)
恐ろしいタイトルの意味は……ラストにて。

58 124

あらすじ

――どうして俺はいっつもこうかなあ。……淳也がいる会社で、一緒に働きたかったんだけどなあ。 磯部崇はしょんぼりと、面接会場を後にした。就職活動のため訪れた、坂ノ上ビル。乗り込んだエレベーターが止まり

感想・レビュー 3

どういう意味を持つのかはわからないけど

いつか満足できる日が来るといいね
ネタバレあり
1件2件
一気に最後まで読み進めてしまいました! 良作でした! ただひたすら良作でした! 誰しも抱えている心の闇や、周囲の目。そしてバイオハザードのようなデスゲーム。 とても無慈悲で、えげつない小説でした(褒め
ネタバレあり
2件3件
ファン登録させていただいているため、サイトを開いた時の更新通知でこの作品を知る事ができました。タイトルに惹かれて読み始めたのは11ページのあたりまで更新されていた頃で、これは途中までの段階で一度レビュ
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る