おはよう、白雪姫

王子様と出逢えなければ、目覚めは二度と訪れない。それが子供ながらに恐ろしかった。

1 6

14分 (7,994文字)
超・妄想コンテスト「お返し」参加作品です。優秀作品に選んでいただきました。

あらすじ

会社を一週間休職することになったアラサー女子と、隣りの206号室に住む新卒社会人の男の子が、ひょんなことから一緒にごはんを作るお話。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/3/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る