十三まいり

『十三まいり』をご存知ですか?京都では子供たちが大人になるための儀式のひとつ。

14 115

青春 完結
14分 (7,910文字)
超妄想コンテスト『となり』参加させていただきますm(__)m

あらすじ

『十三まいり』をご存知ですか? 京都では、数え歳で13歳になる子供たちが、4月13日(旧暦3月13日)前後に嵐山の法輪寺(虚空蔵さん)にお参りします。 七五三に並ぶ、一生に一度だけの重要な儀式のひとつ

読者の感情

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 3

※このコメントはネタバレを含みます

十三まいりって全く知らんかった。十三ってあの十三かと思ってた。 しかし13歳で一人で行くには結構遠いなぁ。 いつも楽しい本ありがとう。
女の子の成長は目に見えて早いですけど、男の子もゆっくりと成長しているのですよね。 大事な日の大事なことを台無しにするようなイタズラには自分も腹が立ちましたが、その後がさっぱりしていて読了感はとても

その他情報

公開日 2019/3/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る