百日師匠

普通のオッサンなのに、なんでこんなに惹かれるのだろう…

星賀勇一郎

14分 (7,901文字)
星賀勇一郎 短編小説 第四十二弾

31 603

あらすじ

百日限定で弟子入りする事になった 私はこの師匠から何を学び、何を盗めばいいのだろう この人を越える事の出来る日は来るのだろうか…

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

読んでるだけで先生の人柄に吸い込まれそうになる、そんな話でした。弟子入り志願の主人公が真面目なのと対比させて語られる先生の姿は、物語にゆったりとした雰囲気をもたらしていますね。時代背景とも合っていて、
ネタバレあり
1件1件
初めてこちらでレビューを書かせて頂きます。 星賀先生の作品は、今まで何度か拝読しておりました。が、私の書くものとはレベルが違いすぎる為、恐れ多くて中々そこに私の文字を残す事に逡巡しておりました。
2件3件