ある春に出た、不審者の話

その不審者は童心を忘れていなかった

0 0

13分 (7,414文字)
聞くだけじゃ、分からないこともある

あらすじ

 『未忘却童心男』と名付けられた不審者がいた。  なぜ彼は、童心を忘れない行動を取るのか?  とある三人の視点から送る、百を盛り込んだ不審者のお話。  そして続く未来は、あなたの想像へと。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る