こもり日和

普段仕事ばっかりしている彼の休日です。

9 43

9分 (4,978文字)
浄夜の月は朧、綺羅星は目に眩む、を読んでくださった方はさらに楽しめると信じたい一作です。

あらすじ

会社務めの嶋木は、妻の外出中に子守りを頼まれる。仕事一辺倒の彼は、自分の子供と向き合って何を思うのか。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る