梟の森で迷子になって

思春期の心は恋の森で道に迷う

ダッチマン

青春 完結
3分 (1,792文字)

0 4

あらすじ

下校途中の喫茶店。憧れのマスターを目当てに立ち寄った桂子だが。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

ほっこりします

よいですね! なんとも初々しい情景を、優しく包むような紅茶の香り。 その包み込むようなマスターの笑顔も 恋に恋する年代の少女の心境も すべてが納まるべきところに納まるような心地よさ。 素敵な一篇です。

この作者の作品

もっと見る