100種の方舟

星の終わりに神が用意した方舟は、100種の生物しか乗れなかった。

62 1,305

5分 (2,996文字)
妄コン「100」参加作品 10/26☆1000ありがとうございます

あらすじ

星が、もうすぐ終わる。 神様は生き物を救い、新たな世界で再び暮らせるように方舟を用意した。しかし、方舟には100種の生き物しか乗れないという。 選別をするため、神様は、進化の系譜順に1種ずつ面接を行な

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

奢れる者はどうなるのだろうか

世界の終焉ですね。 ノアの箱舟ですね。でも100種類だけとはちと寂しいですが、仕方がないですよね、皆を乗せてあげたいが、舟にも限度というものがありますからね。 で、面接で選択ですね、それは公平で良い

神話のよう。

 私はこういう思想にはならないので、共感できなかったのですが、物語の運び方は童話というか神話みたいで好きでした。  考え方が違う、違和感のある状態で読んだから、思想の主張がけっこう強烈に伝わってきて

終末のひととき。

 自分が神様だったとして、新しい世界を創造するとしたら、やはり本作の神様と同じで、人間はおいていくかな、と思いました。  作中の人間は特に救いようが無い思考と思想の持主っぽいですからね。  他の10
もっと見る

この作者の作品

もっと見る